×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットでシワが増える?

ダイエットをするとシワが増えるとの説がありますが、本当でしょうか?体重の急激な減少は顔のシワにどんな影響をあたえるのでしょうか?

 

ダイエットでシワが増えるわけは?

伸びきった皮膚

なぜダイエットによって顔にシワができるかというと、ひとつの原因としては皮膚が伸びきってもとに戻らなくなる事があげられます。元々皮膚には伸びる性質があります。判りやすくいうと、ゴムのように伸縮する性質があり、人間が動くためにはこの性質は必須です。関節の部分や顔に表情を作るために皮膚は伸び縮みします。太っていると皮下脂肪の量が増して、そのために皮膚が引き伸ばされてしまいます。
皮下脂肪が溜まっている時期が長ければ長いほど皮膚は伸びているので、たとえ皮下脂肪を減らしたとしても伸びきってしまった皮膚はすぐに収縮できません。結果、シワになってしまうのです。

 

栄養不足

食事制限による急激な減量は体に必要な栄養素を不足させてしまいます。効果的なダイエットに成功したとしてもビタミン、ミネラル、たんぱく質など人間に必要な成分の不足は体のあちこちに不具合を起こし不健康になります。
特にたんぱく質の不足は顔のシワに大きく影響をあたえます。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つに分けられますが、このうち真皮はコラーゲン繊維とエラスチン繊維が無数に張り巡らされていて、この力で表皮を支え、肌の弾力を保っています。
では、たんぱく質が不足するとなぜ顔にシワができるのでしょうか?
コラーゲン繊維、エラスチン繊維はたんぱく質を元に作られています。この二つの繊維は日々新陳代謝を繰り返し創りだされているので、タンパク質が不足するとこの代謝機能がうまく働かなくなり、真皮は表皮を支えられなくなり、これが原因でシワになってしまいます。無理のないダイエットでシワを予防し、健康的な身体作りをしましょう。